greeting | 名古屋工業大学 テクノフェア2019

ご挨拶

 

名古屋工業大学は、110余年の歴史の中で科学技術のめざましい発展とともに歩み、中京地域産業界の拡大、飛躍に支えられ、わが国屈指の工学系単科大学として成長してまいりました。本学には、社会・産業界の中の「活きた問題」を掘り起こし、それを「活きた研究」として極めて学問の根を深くおろすとともに、「活きた教育」として現す、という伝統の精神が根付いています。それを映して産学連携の実績を積み上げ、数多くの優れた人材とイノベーションに繋がる卓越した研究成果を創出してまいりました。 名工大テクノフェアは、そうした本学の先端研究シーズによる成果を集結し、皆様に公開・提供することで、モノづくりにおける新たな「輝き方」を共に探る場です。 本年度の特別講演は、日本のAI研究の先駆者である札幌市立大学の中島様、理化学研究所の杉山様をお迎えします。中部地方の“AI×製造業“がもたらす心豊かな未来社会を創る契機になることを期待します。 本テクノフェアが産・学・官が集うきっかけとなり、新たなイノベーションを生み出す“共創の場”としたいと考えております。是非ともお誘いあわせの上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。名工大教職員・学生一同、心より皆様のお越しをお待ち申し上げております。
名古屋工業大学 学長  鵜飼 裕之