Loading.

名工大テクノフェアロゴマーク 名工大テクノフェア2020 11月1日から12月5日まで

ナビゲーションを開く


Ti上へのTiO2-TiN/MoOx-MoNy複合膜の創製および特性評価

呉 松竹 (教授)
ハイブリッド電解法により、集電体基板上に高導電性且つ大容量のTiO2-TiN/MoOx-MoNy複合膜を初めて直接合成し、LIBの安全性とエネルギー密度の両方を同時に向上させることができました。

研究フェーズ

基礎固め

試作品の状況

なし 提供の際は諸手続が必要となるため、「科学技術相談」よりお問い合わせください。

「呉 松竹」の研究シーズ一覧

アンケート回答のお願い

回答する
アンケートを閉じる

参加者アンケート

次回の名工大テクノフェアのため、ぜひアンケートへの回答をお願いいたします。


    Q1.


    名工大テクノフェアへのご参加ははじめてですか?


    Q3.


    オンライン開催という形態はいかがでしたか?


    This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.
    アンケートを送信しました。ご協力ありがとうございました。
    科学技術相談のお申込み 技術の宝庫 名古屋工業大学研究紹介サイト(外部サイトが開きます)
    メニューを閉じる